Projects

Shades of Michelangelo

2019

椅子は背板を座面に対して90度にすると座り心地がよくないので角度がつけられているが、もし直角の背板を座った人の背中が押し出すように変形したら、椅子の形や座り心地はどうなるだろうか? そのような疑問から、この椅子のデザインは出発した。


座面と背板は一体となった3mm厚のアルミニウム板で成形されており、座面のアルミニウム板は前脚へと少し伸びながら木製の脚と一体化することで、貫なしで安定した構造となっている。


”インクリメンタルフォーミング”技術
金属板を今回のように三次曲面加工する場合、通常「型」が必要となるが、単品生産の場合、型を作る余裕はない。そこで考え出されたのが、菊川工業株式会社の”インクリメンタルフォーミング”技術で、今回のアルミニウム部分の加工に採用した。
『インクリメンタルフォーミングとは、金型不要な成形加工技術で、少量多品種や複雑な形状の製品製作の場合、(「型」を使用する)従来工法に比べて、安価で短期に対応できます』(菊川工業株式会社のHPより)


菊川工業株式会社のHPでの紹介
designboomのHPでの紹介


The back plate of a chair is formed at an angle to the sheet surface because a right-angled plate makes you uncomfortable to sit. The design of this chair is come from the question that “What if the back plate is deformed according to one’s leaning on it backward?”
The back plate, the sheet and the partial front legs are made out of a bended single aluminum sheet with a thickness of 3mm. The partial front legs of the aluminum work not only for the design but also for the structural strength without any joints between legs.


“Incremental forming”
The aluminum of the chair is worked by a new technology called “Incremental forming”, which is developed by Kikukawa Kogyo Co., Ltd.. “Incremental forming” is a dieless metalworking process that is suitable for small lot productions of a wide variety of products. Advantages of this method include cost and lead time reduction in comparison to conventional metalworking process (spinning or die casting) <from Kikukawa Kogyo Co., Ltd. HP>


■椅子
製作:フルスイング(金属加工:菊川工業株式会社)
主材及び仕上げ材:アルミニウム、ハードメープル
写真撮影:大松俊紀
*この作品は、桑沢デザイン研究所における2018年度教育研究助成金で制作されました。


■ a chair
manufacture: FULLSWING (metal forming: Kikukawa Kogyo Co., Ltd.)
material: aluminum, a hard maple
photo: TOSHIKI OMATSU
*This project is supported by Kuwasawa Design School Research grant 2018.















Incremental forming
Incremental forming